×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チャンピオンシグナル

what's new

チャンピオンシグナル

天羽義治のチャンピオンシグナル

 

天羽義治のチャンピオンシグナルはこちらです。





このシグナル配信で使用しているトレードロジックの特徴は
週足、日足、8時間足で発生しているトレンドに逆らうことなく、
『主要通貨の変動するクセを数値化する事』に成功したことです。


そして導き出されるトレンドに合わせて、 各対象5通貨ペアのブル・ベア(強弱)を最終的な判断材料として、
その中で一番強い通貨ペアを「買いシグナル」として、一番弱い通貨ペアを「売りシグナル」として配信しております。



つまり、天羽義治のチャンピオンシグナル配信サービスはドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円の
5通貨ペアの「売り」と「買い」の計10通りの中から、
そのとき「最も有利なポジション」をシグナルとして配信するという訳です。


従って、「Champion signalの成績データ」の項目で見て頂いた様に、
その時に一番強い通貨ペアを買う、一番弱い通貨ペアを売るトレードロジックですから、
最大ドローダウンも丸1日保有するトレード条件にも関わらず、−270pipsと非常に小さな値となっております。




つまり、一番強い通貨ペアを買って、一番弱い通貨ペアを売るというのは、


「大きく勝てる可能性がある」だけでなく、

「大きく負ける可能性が非常に低い」トレードロジックであり、


自画自賛で恐縮ですが、天羽義治のチャンピオンシグナルは非常に「利にかなったトレードロジック」であると自信を持って言えますし、
またその都度「最も有利なポジション」へと次々と機動的に乗り換えていけば、資産を効率的に増やすことができます。



もちろん天羽義治のチャンピオンシグナルを数値化して、トレードロジックとして仕上げるのには天羽義治も非常に苦労しましたが、
発想自体はとても利にかなったシンプルな理論であり、
また日々の刻々と変化する相場環境にも私が常時システムを監視し、
調整を加えたもので、シグナル配信を行いますので、
あとはあなたがこのメールを参考に取引を行って頂くことで、
毎月着実に利益を積み重ねていってくれることでしょう。
まず、新規保有シグナルの配信例ですが、



【新規保有シグナルの配信例】

件名:【新規 GBP/JPY 売 133.41円】 Champion signal

本文:

【注文情報】
・注文方法:成行
・売買区分:売り
・取引区分:欧州市場
・注文価格:133.41
・決済方法:
・決済価格:
・決済逆指値:
・結果:
・トレードルール


新規建て玉をした場合は、200pipsの損切り設定をすること。



こちらのチャンピオンシグナル新規保有シグナルの配信で皆様にご確認頂きたい所は赤字の箇所になります。
(※実際の配信メールは赤字ではありません。)



件名を見て頂ければ、全て解るようにしていますが、
件名:【新規 GBP/JPY 売 133.41円】 Champion signal


この場合、『GBP/JPYの新規注文を133.41円の売りで行って下さい。』となります。

ただ、慣れるまでは本文の記述内容もしっかり見て頂きたいので、
まず売買区分のところで、「買い」なのか「売り」なのかをよく確認して下さい。


こちらのチャンピオンシグナル配信例では「売り」となっていますので、GBP/JPY(ポンド円)の新規の売り注文を出して頂くことになります。


注文価格は私がシグナルの配信を送る直前のレートを入力しています。


この例では「133.41」となっていますが、133.41円で指値注文を出して頂きたいということではなく、
レートはその時の参考値を入力しており、お客様の方では全て成り行きで注文して頂くようにお願い致します。



どうしてもチャンピオンシグナルシグナル配信という性質上、タイムラグが生じることによって、それがお客様にとって不利なケース、
逆に有利になるケースもあるかと思いますが、こちらのシグナル配信はほぼ丸1日ポジションを保有致しますので、
数pipsの差は気にせず、それよりも確実にエントリーして頂くようにお願い致します。



最後に「新規建て玉をした場合は、200pipsの損切り設定をすること。」についてですが、
こちらは『シグナルの注文価格から200pipsのところにストップロス(逆指値)注文を出しておいて下さい。』ということです。


この例では売買区分が「売り」で、注文価格が「133.41」ですので、
135.41円にストップロス注文を入れて頂くことになります。



今度はチャンピオンシグナル決済シグナルの配信例をご覧下さい。


【決済シグナルの配信例】

件名:【決済 GBP/JPY 131.49円】 Champion signal

本文:

【注文情報】
・注文方法:成行
・売買区分:売り
・取引区分:欧州市場
・注文価格:133.41
・決済方法:
・決済価格:131.49
・決済逆指値:
・結果:192
・トレードルール:





こちらのチャンピオンシグナル決済シグナルの配信で皆様にご確認頂きたい所は赤字の箇所になります。
(※実際の配信メールは赤字ではありません。)


こちらも件名を見て頂ければ解るようにしていますが、
【決済 GBP/JPY 131.49円】 Champion signal


この場合、前日の「GBP/JPY 売 133.41円」のポジションを131.49円で決済しました。となります。


チャンピオンシグナル決済シグナルで記述されているもので、件名以外にご確認頂きたいのが、赤字の決済価格と結果ですが、
決済価格についても新規保有ポジションの注文価格と同じで、レートはその時の参考値として入力しておりますので、
お客様の方ではそのレートで指値注文を出すのではなく、成り行きで決済をして頂くようにお願い致します。


結果はこのトレード(新規→決済)の損益を表示しております。



少し長くなってしまいましたが、天羽義治のチャンピオンシグナル配信サービスでお客様にして頂きたい事は、


【シグナル配信サービスフロー】


この3つのフローを20〜24時の間に行って頂くだけになります。



これだけでFX初心者の方でも、FXで勝てていない方でも、
月平均740pipsの利益をFXで得ることが可能です。


尚、こちらのシグナル配信はお客様のパソコンと携帯電話の配信先メールアドレスを
各一つずつご登録頂けるようになっております。
天羽義治のチャンピオンシグナルをぜひ実践してみだくさい。





1