×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海の奇談

what's new

海の奇談

海の奇談

書誌学研究のかたわら、世界の奇談・怪奇談などの紹介につとめ、「庄司浅水ワールド」とも呼ばれ、好評を博したシリーズ。
タイタニック号の遭難や漂流、反乱、海の怪獣談など、古来より数かぎりなくある海にまつわる奇談の代表作集。
「メダカが絶滅するかもしれない?」日本の湖沼・河川の生態系に壊滅的な打撃を与えた外来魚ブラックバスが、密放流され全国に広がるまでの経緯を丹念に辿り、その問題点を鋭く突いた本書は、1999年の発表以来大きな波紋を呼んだ。
バス問題は決して釣り関係者だけの問題ではない。
公共の財産である自然の急速な崩壊を前に、我々は何をなすべきか。
バス問題を正しく理解し、ともに考えるための増補・改訂版がイーブックとして登場!紫苑学園の槇さおりは、天才テニスプレーヤー東城博之の娘で、中学生にして、テニス界の期待の星。
彼女には、幼少の頃に生き別れたひとつ違いの妹・真琴がいた。
父・東城の死によって数年ぶりに対面することになった姉妹だが、皮肉にも、真琴は試合の対戦相手としてコートに現れたのだ!真琴の目は、姉に対する憎しみに燃えていた。
テニス界の天才少女、槇さおりには幼い頃に生き別れたひとつ違いの妹がいた。
数年ぶりの姉妹の対面は、皮肉にも試合の対戦相手としてであり、妹・真琴は姉に対する憎しみに燃えていた。
試合に勝った真琴だが、自分のプレーが今は亡き父のテニスを消すためだけにやってきたことを知り、愕然とする。
彼女はテニスを捨て、信州へと帰って行った。
槇さおりは、彼女の必殺変化球”ローリングフラッシュ”が、恩師・甲山先生の目を失明させたことで、テニス協会から使用停止を言い渡された。
それは、さおりと真琴の父親であり、生前、天才テニスプレーヤーとして活躍した東城博之から受け継いだ変化球であった。
その後、”ローリングフラッシュ”は正式に変化球として認められたが、真琴は姉に父の打球を受け継ぐ資格はないと、大切な銀のラケットを叩き割ってしまう。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60006394